白髪になるといわれる3つの原因

白髪の原因といわれるのは?

 

 

白髪が生えるのは、遺伝や加齢によるものが大きく、白髪が発生しやすい年齢は30代後半ぐらいからが多い。

 

その主な原因は髪の根元に存在する色素細胞であるメラノサイト(色素形成細胞)の活動が低下によるもの。

 

メラノサイトとはシミやそばかすの原因とも言われますが、頭皮においてはメラニン色素を作る大事な細胞、メラニン色素が髪の毛にふくまれると髪が黒くなるのです。

 

 

他に3つの主な白髪の原因

 

ストレス、ホルモンバランスの乱れ

メラノサイトは神経と似ており、ストレスによる活性酸素により活動が悪くなってしまいます。
またホルモンバランスの乱れによって、成長ホルモンの分泌量の減少し、細胞分裂の働きが鈍くなりメラノサイトができにくくなります。

 

 

栄養不足

主に肉、牛乳、チーズなどに多く含まれているフェニルアラニンという体内で作ることができない必須アミノ酸の一種が、
肝臓で非必須アミノ酸であるチロシンに変換されます。

 

チロシンはチロシナーゼと呼ばれる酸化酵素により、次々と変化してメラニンが作られるのです。
つまり、チロシンがないと黒髪となるメラニン色素は生成されません。

 

 

生活習慣

よく言われる白髪の原因となる生活習慣として喫煙があります。
喫煙はメラノサイトを活性化するビタミンCビタミンB12を壊してしまいます。
ヘビースモーカーは、吸わない人に比べて4倍以上も白髪が生えるといわれています。

白髪の予防、対策には何がいいの?

 

 

頭皮のメラノサイトを元気にできるシャンプーがおすすめです。

 

メラノサイトとはシミやそばかすの原因なので、メラニン色素をサプリで活発化させるより、頭皮に直接働きかけることのできます。
髪の根元にあるメラノサイトで髪の毛を黒くすることによって白髪を予防できるのです。

 

30代後半からの悩める白髪には、

 

頭皮へのメラノサイトの機能不全とミネラル不足を補うアミノ酸が多く含まれるシャンプー

 

 

スカルププロで白髪や抜け毛を予防

 

40代の白髪と抜け毛の悩み対策|シャンプーで予防できるのか?